お墓とは違うもの

man with costume funeral

納骨堂というものはもともとお寺の敷地内の隅にあり、一時的に遺骨を収蔵するための施設として利用されていました。
しかし、時代の変化と共に一時的に収蔵する場所ではなく、永大的なお墓として用いられるようになりました。
現代の納骨堂といものは屋内施設で広い土地が不要なので墓石を建てることがなく、経済的に良いお墓の形態なのです。
経済的以外にもアクセスが良い場所に位置して利便性が高く、後継者がいない人やなかなかお墓参りに行くことができない人が来やすく、それぞれの利用者のニーズに沿ったお墓でもあるのです。

お墓を建てる必要がない、屋内にある、永大供養をしてくれるところが多いなど、これ意外にはお墓とどう違うのでしょうか。
まず、お墓参りに来た際には掃除をして手を合わせますが、納骨堂の場合はこれができるかどうかは施設によって異なります。
他の利用者と共同の参拝スペースで手を合わせる施設や、専用スペースやプライベートな空間で参拝できるところなどがあります。

また、お墓であれば故人が好きだった食べ物などをお供えすることがありますが、納骨堂では参拝スペースが共同のものがあったりするので供えることができない施設が多いです。
しかし、納骨堂は屋内なので掃除の手入れが不要です。お盆の炎天下に汗だくになりながらお墓掃除をしないでいいのです。
もう一つはそんな炎天下の暑さを放出している太陽や、雨風などの天候を気にしないで参拝できるところが納骨堂の良さでもあります。
お墓以外にも故人を安らかに眠らせる施設があることを紹介していきます。