遺骨の引っ越し

man and woman go to visit grave

改葬という名称を聞いたことがあるでしょうか?簡単に言うと、お墓のお引越しのことで、お骨を納骨堂などに移動させることをいいます。
しかし、お墓は先祖代々からあり後世に渡っても同じところになきゃいけないものというイメージを持つ人が多いと思いますが、近年ではお墓の改葬を行う人が増えているのです。
なぜ改葬をするのかと言いますと、今住んでいる場所からお墓がある場所が遠いため、なかなかお墓参りができないという理由を持つ人もいます。
他にも後継者がいなかったり、反対に納骨堂に安置していた遺骨をお墓に移すという人もいます。また、お墓ももう建っているけれど、個別に安置してほしいからと納骨堂を選ぶ人もいます。

納骨堂では永代供養をしてくれるので後継者がいない、お墓の管理が難しいという人には好条件になっているのです。
そんなお墓から納骨堂への改葬手続きは一般的な家から家への引っ越しとは違い、少し難しくそれに伴い時間と費用もかかります。
移転先を決めたら受入証明書や改葬許可申請書、埋葬証明書を準備するなど細かな作業があり時間がかかります。
そして費用ですがお墓の撤去やお寺に納めるお金が発生し、十万円以上はかかるのが相場と言えるでしょう。
改葬は個人だけで行うものではないので、お墓の管理者との相談が大切です。手続きで必要な改葬許可証には管理者の署名と捺印が必要なので事前の相談は必須です。
そして、管理者と同様に親族への説明も大切です。周りの理解を得てからより良い環境に故人を休ませましょう。