気になる価格

the woman is receiving envelopes from visit funeral

納骨堂はお墓と違って利便性が良いところに建てられている上に、天候に左右されずになんと掃除も不要だから手ぶらで参拝することができます。
しかし、このようなメリットがあっても一番気になるのが価格です。大切な故人が安らかに眠る場所で、一生に一度あるかどうかの大きな買い物になりますので相場が気になります。

納骨堂には遺骨を安置させる場所にいくつかの種類があります。ロッカーのようなタイプや仏壇のような形が一般的になっています。
小規模なスペースに安置するので通常のお墓のように墓石や土地がいらないので、お墓と比較すると納骨堂のほうが安価なのです。
土地の広さ・向き、施設や整備などの条件によって変わってきますが、一般的にお墓は100~300万円が相場となっています。
いっぽう納骨堂は一人分を収蔵するタイプのものであれば50万円が相場です。お墓の安価な値段よりさらに安くなっています。しかし、収蔵する遺骨の数が多くなればなるほど価格は高くなります。
ちなみに、通常のお墓同様に条件や条件がそろっていれば100万円を超える高級な納骨堂も存在します。

さらに納骨堂のさまざまな価格の違いは何なのかといいますと、公営の納骨堂か民営のものかで費用が大きく変化します。
他にも収蔵可能な遺骨の数や収蔵期間、施設の設備、アクセスの良さなどさまざまなポイントが加わってきます。
最初に言ったように大きな買い物でありますので、条件や価格が納得いくところに遺骨を安置しましょう。